やじうまの杜

「Vivaldi 4.0」のカレンダー機能、通知の方法がヤバいと話題に ~「溶かす」とか「燃やす」ってなんぞ?

まともな通知方法もちゃんと用意されています

 “やじうまの杜”では、ニュース・レビューにこだわらない幅広い話題をお伝えします。

「Vivaldi 4.0」のカレンダー機能([システム通知]オプション)

 先日リリースされた「Vivaldi 4.0」では、プレビュー提供されていたメールクライアント、フィードリーダー、カレンダーがベータ版になっています。「Vivaldi」のご先祖にあたる「Presto」時代の「Opera」は、Webブラウザー本体にメールクライアントが内蔵されていたので、それを思い出して懐かしく感じたユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか。ところが、この機能にはちょっと変な機能が搭載されていると一部で話題になっています。

カレンダー機能に搭載されている通知機能。「溶かす」とか「燃やす」って何?

 今回注目を集めているのは、カレンダー機能に搭載されている通知機能。「会議が始まる5分前に知らせてほしい」といったときに使うアレです。標準の通知方法はOSネイティブの[システム通知]オプション(Windowsの場合は、お馴染みの「トースト」)なのですが、そのほかにも[ダイアログ]、[ブラウザを溶かす]、[ブラウザを燃やす]という3つのオプションが選べます――ぇ、「溶かす」とか「燃やす」って何?

 静止画ではイメージがつかみにくいかなと思ったので、編集部にて通知を撮影してアニメーションGIFにしてみました。

[ブラウザを溶かす]オプション
[ブラウザを燃やす]オプション

 [ブラウザを溶かす]は閲覧ページが突然崩れ落ちる感じ。[ブラウザを燃やす]は文字通り、閲覧画面の下部に炎が広がります。なかなかインパクトがある通知方法ですね。思っていたよりは短い時間でエフェクトは終わってしまうので、目を離していると見逃してしまう可能性がありますが、「Vivaldi」には通知の際に音を出すオプションも用意されているので、それも併用するとよいでしょう。「コケコッコー!」という音ともにWebブラウザーが燃えるとか、なかなかシュールでいいですよ。

 ちなみに、残りの[ダイアログ]オプションはこんな感じでした。

[ダイアログ]オプション

 シンプルですが、スヌーズ(再通知)が簡単に設定できるのはいいなと思います。そういえば、デフォルト設定の[システム通知]オプションによる通知にはスヌーズする手段が用意されていませんね? 安定リリースまでに追加していただけると個人的にはうれしいです。

 「Vivaldi」のメール・フィード・カレンダー機能は、設定ダイアログの[一般]セクションで簡単に有効化可能。またテスト中ですが、興味のあるユーザーはぜひ試してみてください。

[ダイアログ]オプション